雑談 : デジ1動画をきれいに撮りたい!

デジ1動画をきれいに撮りたい!

デジタル一眼動画を撮るために必要な知識や機材の情報のブログ

雑談

feedlyとgoogleアラートを使った情報収集方法

編集(管理人用)
アクセスログを見てみると、
久しぶりに更新したとたんにドサーっと来て下さっているのですが
アクセス元の1位がRSSリーダのfeedly。

すみませんねぇ。 本業が忙しくて。。。。

カメラの話題とは関係無いのですが、
私が情報収集に用いているのが、このfeedlyとgoogleアラートを使った方法です。

個人的には最強と感じているので紹介してみます。

https://www.google.co.jp/alerts
googleアラートは、自分が知りたいキーワードのニュースとかが
新規にgoogle検索にHITしたら教えてくれるというもの。 

googleアラートの結果の配信先は「メールアドレス」を指定するようになってるんですが、
メールにすると、どうでも良いメールがバンバン来ちゃうので、
非常に使い勝手が良くないです。

ところがgoogleアラートの「配信先」は、
メールアドレスではなく、RSSフィードを選択することもできて、
断然、RSS指定の方がおすすめです。

このRSSのアドレスを「ブログアドレス」と見なして
feedlyに登録
してしまいます。
(無論、他のRSSリーダでもOKです)

そうすると、興味のあるキーワードの検索結果が、
あたかもブログのように
feedly側でナナメ読みできてしまうという
素晴らしい環境に変身。かなり良いですよ。

是非お試しくだされ。


追記。
googleアラートのRSS指定はgmailアカウント登録が必要だったかも。。。。
あと、検索結果がゼロの場合、なぜかfeedlyが登録を無視します。

 

RX100用に購入したもの

編集(管理人用)
・・・なんか書きかけのメモ状態で間違って公開されてしまっていた(汗)。。。。

RX100用の購入品。

本体だけだとホールド感がとても悪い。
同じように思う人が多いようで、店頭でも印象悪かったのだが
調べて回ると、上記のバッテリーグリップを使っている人がいたので私も付けてみた。
これがバッチリで、右手の中指がちょうど掛かってフィット感がちょうど良い。

ケースには純正の高い物ではなく下記を選定。
本体にピッタリ。


SDカードと予備バッテリー&チャージャー
バッテリーチャージャーは本体とは別売りなんすよ。。。。
通常はカメラ本体をUSB接続すると入れたまま充電になる。



あとは外部フィルタ用のパーツ。
フィルタは無くても良いという設計意図のカメラなんですがやはり欲しい。

色々試行錯誤もあったんですけども、
例のマグネット装着シリーズ(MagFilter)はステップアップリング版がまだ未発売。
↓発売されました


なので下記のLensMateの52mmkitを購入。
http://oriental-hobbies.com/fs/camera/lensmate_g/lensmate00000060002
こんな外観になる。
rx100 website-1653
可変NDは、Canon50mm用に持っていた52mmフィルタを使い回す予定。


あと、RX100にはWiFi機能が無いので下記を併用。




ちなみに
LCDVFは、下記の5DMarkⅡ・D7000用がRX100に適合する模様。でもさすがに今回は不要かな。
持ってる人は試してもいいかも。

EOS M

編集(管理人用)
うーん。。。。
X6iをまんまミラーレス化したようなスペック。
一応一通りの機能は付いてるんだけれども。。。。

フランジバック18mmの新マウント。
APS-CだしSONY NEX7といっしょ。

別売りアダプタで既存のCanonレンズ装着。

で、EVF無し。 液晶も可動式じゃない。 AFはGH2よりも遅い。

想定では可動式液晶になったり、EVFが付いたりみたいなのがEOS M2、EOS M3
ってどうせ出すんですよね〜。。。 

小さい軽い っていうのが最も大きいですけども
なんかな〜、最後発でなんでそうなるかね・・・・・。

うーん。。。。個人的には無いかな(笑)。 でも小さい軽いんで売れるんだろうな。

というわけで、スルーしてGH3待ちです。。。。
ブログ内検索
最新コメント
カメラ本体
Blackmagic Pocket Cinema Camera

RX100 M2

GH4

GH2(中古)
メッセージ
Twitter
通信系組み込みソフト屋です。 一眼動画・映画・VFX・プログラムあたりに興味があります。昔youtube日本代表w。画像工学出身の通信屋。








↑フジテレビの伝説の深夜番組
「アメリカの夜」司会:宝田明
の映像化の元となった本です


livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ