ネットで見つけた美しいデジ一動画 : デジ1動画をきれいに撮りたい!

デジ1動画をきれいに撮りたい!

デジタル一眼動画を撮るために必要な知識や機材の情報のブログ

ネットで見つけた美しいデジ一動画

やはり凄いBMPCC(RAW動画集)

編集(管理人用)
back-front
Blackmagic Pocket Cinema Camera(以下BMPCC)、
ファームアップデートでProResだけでなく
RAWのフォーマットのCinemaDNGも扱えるようになった。
このRAWの性能が素晴らしく、今までよりも解像度が格段に上がった模様

たたき出している結果は今の所ダントツかしら。
あまりの美しさにため息。やっぱ買うべきだったか・・・?

是非とも大画面でどうぞ。 とんでもない解像度にご注目。なんぞこれ。。。
公開されていた使用機材を追記











BMPCC用のカメラゲージが出たらしい。

 

正式対応となっているSDカード

Blackmagic Pocket Cinema Camera動画集

編集(管理人用)
ごぶさたしております。
Blackmagic Pocket Cinema Camera(以下BMPCC)なんですが、
前の記事の時に即予約はしたものの、ごく最近まで待たされたあげく、
「BMPCC入荷致しました。なお、本メールへ3日以内にご連絡の返信が無い場合、キャンセルと見なしますのでご注意下さい」
というメールが入っていたのですが、見事に出張中でメールを見逃し、
未だ持って未入手なのでございます!

そうこうしている所へ、例のEOSマジックランタンRAW動画なる物が現れ、
BMCCよりも上だとか情報が入る。
ひ〜。何かうまくいかんな。。。オオカミ少年のようだ。。。

High-Def様の方で詳細なレポートがされてますのでそちらをどうぞ。
いわく、なかなか「手強いカメラ」のようです。
日本メーカーの取り回しデザインを想像すると痛い目に合いそう。

ともあれ、BMPCCに関してはユーザ動画も出始めた模様。
ここは一つユーザ事例をゆっくり観ながら決めるか(またかよ!)。。。。
というわけで、BMPCCの動画集を集めてみました。
感想ですが、今までのデジ1動画の中では、
最もフイルムのテイストに近い印象を受けました。
まるで16mmで撮影したかのような世界観です。好き嫌いで言えば大好きです。
355gのカメラとは思えぬ。

全部、大画面で視聴して下さいまし。

下記、前出のHigh-Defのdarwinfish105様

lens : LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 
color garding : Filmconvert Pro 2 FJ Velv 100 
この他にも2作品UPされてます。素晴らしい。

レンズが無かろうと心配されていたBMPCCですが、16mmのCマウントレンズが
mm数もサイズ的にも中古お値段的にも良いらしく、実際使っている例が多かった。
無論中古での入手になるようですが。
Schneider Cinegon C Mount 10mm f1.8 で撮影


Cosmicar 22.5-90mm f1.5 C-mount zoom lens これもやはりCマウントレンズ


Panasonic 14-140mm F4-5.8
浅草スナップの中では色の落ち着きがピカイチに見える。


Panasonic 25mm F1.4 & Olympus 45mm F1.8
よく撮られる銀座。そのうち他のカメラと比較してみよう。


下記はFilmConvert とLuma Curves (Adobe Premiere Pro)併用
モアレが大量に出そうなレンガ街でめっさシャープ!

PremiereのLuma Curveチュートリアルはこんな感じ


グレーディング例 この作業が必須なので、
これがめんどいと感じたら手を出すべきではないかも



映像だけの印象はダイナミックレンジの広いハックGH2。理想的!
難点を言えばレンズ解放時のボケの少なさと最大ISO1600という所かしら。
あと、液晶用のルーペ必須らしい。
取り回しも悪そうだし、う〜、どおしてくれようか。。。。
こんどはCマウントレンズ選びからかよ。。。。

RX100とCineLook plug-in

編集(管理人用)
RX100でお手軽に撮る事が多くなったのですが、
SONYの絵作りってCanonと比べると、よく言えば落ち着いていて悪く言えばネムイ。
なんちゅうか色にダイナミックさがなくて今ひとつな所があるんですけども、
下記見てみて下さい。RX100の動画です。

まじでぇ。。。
ちょっとビビットな感じもするけどオリジナルよりも好き。
213gポケットサイズのコンデジでこの絵は凄い。

この発色はなんだろうと調べたら、ゴリラグレインを出してるCentralという会社の
CineLook plug-inというやつでグレーディングされてる模様。
FCP-X専用かな? 69$。

昼間の映像はCPLフィルタを外付けで付けてさらに発色を良くしてるみたい。
前に紹介したMagFilterで装着。

ん〜。F1.8の明るさは部屋での写真もフラッシュ無しで自然に撮れること多いし
わかっちゃいたけど、ナイスカメラ。潜在能力あったのね。

今まで割とNDで開放に持っていく事ばっかり考えていたけど
RX100に関しては、絞り気味でCPLで発色上げて「情報量勝負」に持ち込むのが
正解のカメラなのかも。
ブログ内検索
最新コメント
カメラ本体
Blackmagic Pocket Cinema Camera

RX100 M2

GH4

GH2(中古)
メッセージ
Twitter
通信系組み込みソフト屋です。 一眼動画・映画・VFX・プログラムあたりに興味があります。昔youtube日本代表w。画像工学出身の通信屋。








↑フジテレビの伝説の深夜番組
「アメリカの夜」司会:宝田明
の映像化の元となった本です


livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ