ご無沙汰してます。

知人がレンズの盗難にあったらしく、ちょっと調べてみました。

カメラレンズはそれぞれ固有の、シリアルナンバーがあって、
盗難にあった場合は、この番号を警察に届け出た方が良いです。

中古カメラ屋はこの盗品シリアルナンバー情報を共有する仕組みがあって
盗品として登録されていないかを確認してからレンズを買い取っているからです。

また、キャノンのサービスセンターは該当のシリアル番号のレンズが
修理やメンテでサービスセンターに入ってきた時、被害者に連絡をくれるようです。
(ただし警察への盗難届が先に必要だそうです) 
 
余談ですが、たまにオークションで状態の良いレンズがえらく安く出回るのは
中古カメラ屋に持っていけない事情もあるかららしい。

なので、オークション経由で買ったレンズを
中古カメラ屋に持ち込むときはちょっと注意が必要かも。

下記は機材が盗品かどうかチェックするサイト。
(ただし登録機材のみ。正確には正当な持ち主であることを証明するサイト)
https://www.lenstag.com/


さて、カメラ本体のシリアルナンバー、およびレンズのシリアルナンバーは
撮影したjpeg写真のEXIF情報に埋め込まれます。

下記サイトは、盗まれたシリアル番号を登録しておくと
ネット上にアップされる写真を自動で検索監視し
その盗品シリアルナンバーが付いた写真がアップされていないかチェックしてくれるという
おそるべきサイトです。
http://www.stolencamerafinder.com/ 

注)対応しているのはカメラ本体のシリアルのみです。レンズは対応してません。
誤情報を書いてました。下記は対応カメラの一覧
http://www.stolencamerafinder.com/listmodels

盗んだ犯人が、写真を撮ってネット上にアップしたら
それで足がつく仕組み。 すごいこと思いつくな。。。。


というわけで、
盗難に備え、手持ちのカメラ・レンズのシリアルナンバーは控えておきましょう。

もしもシリアル番号を控え忘れて盗難にあっても、PC等に写真側が残っていれば
EXIF情報から割り出せると思います。
(一部のカメラや保存ファイル形式によってはダメみたいですが)