フリーのCGソフト「Blender」の2011シーグラフデモリール。

連続で一眼とあまり関係なくて申し訳ないです。

マジでぇぇぇ! というくらい恐るべしなことになってますね。
今や外部GIレンダラのVrayもMaya用のものがBlenderに対応し、フリーのくせに無敵状態。


3dsMaxとVrayだと何十万もかかってしまうのに。。。
何度も書きますが、フリーですよ。怖い事に。

EOSで撮影した映像にCGキャラをはめ込んで合成VFXとか
もう誰でも手を出せる。。。 
嫌になっちゃうな。

3DCGの製作日誌を書いてるBlenderで3DCG制作日記さんを読むとどんなことができるか解るかも。

そこそこのレベルの物を超お手軽に作る流れをざっと書いておきます。
CGブログではないのでそこそこにしておきますが。

①合成元の実写映像を撮影します
 ②でカメラ位置を出すにはカメラを移動させねばなりません(パンのみはダメ)。
 ただしEOSのCMOSはローリングシャッター問題があるので、あまり手ぶれでブン回さないこと。

②これをSinthEyesかフリーのVooDooとかで解析してカメラモーションを出します。
 マッチムーブ@wikiを参照してください。
 CGcompo さんのブログもBlenderとマッチムーブに関して詳しいです。

③CGキャラクターを作成します。
 ここで上記のBlenderを使います。CGモデリングやデザインができない? ほとんど不要です。
 実はフリーのモデルは世界中に結構転がっていて
 以前書いた記事中のエヴァCGも拾い物です。
 モデル自作してません。 好みのカラーリングの指定をしたくらい。
 外部レンダラのVrayがあると超リアルになります。フリーのGIレンダラは試した事が無いので。。。

④②で作ったカメラモーションを③のBlenderへインポートします。
 これで実写のカメラの動きがBlender上のCGカメラの動きとして再現されます。

⑤CGに動きをつけます。
 これもBlender上で行います。単純な位置移動だったら簡単だと思います。
 人型のような場合は、ボーンIKという骨組み入れてモーションデータ(これも拾い物)を入れます。
 キャラクタモーションはちょっと敷居が高いかも。

⑥BlenderでCGをレンダリングします。CG以外の背景はアルファチャネルでブランクにしておきます。

⑦AfterEffect等で⑥のCGを①の実写の上に重ねます。色味を調整して完成。

・・・とまぁ道のりは結構あるのですが、以前はCGソフト群だけで50万くらいかかったと思います。
良い時代だなぁ。。。


物理演算、流体、群集、煙などのシミュレーション系メインだとこっちになるらしい。
本の作者のページ