ボケ味が美しいデジ1といえど、
ピンボケを出したくないケースは多々あるわけで。

その場合、被写界深度を深くとるようにするんだけども、
どのくらいのF値でどの程度の深度が得られるのか覚えておきたいので調べてみた。

ピントのあう距離はフォーカスリングの示す距離1点ではなく、
ある範囲の距離なので、
被写体が人で、カメラも手持ちなら、
最低、前後で1.5mくらい動かれてもピンボケしない設定にする感じで良いと思う。

ものすごく乱暴なやり方だと、

ズームは広角側にして
F値はF5.6以上に絞る
(暗くて適正露出が得られない場合は、ISO感度を上げてでも大き目のF値にする。)
フォーカスは追わずに3mか5mくらいで「固定」にしてしまい、
あとは被写体の相手を1m以内に近づけないようにして撮影すれば
大体どこでもピントはあうはず(乱暴すぎるかな・・・?)。

被写界深度は「手前に浅く・奥に深く」なる。
被写界深度の計算 http://shinddns.dip.jp/ 
被写界深度計算iphoneアプリは必携。

3m・5mの設定で、ピントの合う範囲は下記の通り。
赤枠が大体1.5m程度以上の被写界深度をもつ設定。
focus

F22まで絞ると小絞りボケとか別のボケが出そうなので避けた。
ちなみに17mmはキットレンズや標準ズームの一番広角側のmm数。

無限大は、背景まで全てピントが合うという意味(パンフォーカスという)なので、
ピンボケはないけど、キレイに見えるかどうかは疑問。
背景をボカしたければ、2mくらいの深度にしておいて
あとは距離を保ってフォローする感じ?

・・・って感じで使ってるけどもっとセオリー的な方法あるかなぁ。。。。


ピンボケ写真をフォトショップで復活させる方法が下記にありました。
http://aska-sg.net/pstips/tips/pages/filter-sharpness-01.html
アンシャープマスクを使用してシャープインする方法ですが、
そのままエフェクトをかけるのではなくLabカラーモードで
輝度情報にのみシャープインし、a・bの色情報は逆にガウスぼかしをかけるという
知ってそうでほとんど知らないセオリー。 

動画の例を探したけど、あまりいいのが見つからないのでまた今度。
基本的には、
ノイズ除去ソフトで先にノイズを取ってから
最後のエフェクトとしてシャープネスをかけるものらしいですが。