のっけからギクっとさせられるこの映像、
5DMark2と400mm望遠レンズと1.4Xおよび2.0Xエクステンダーで撮られたもの。

エクステンダーとは、マスターレンズの描写性能を高レベルで維持しながら、
焦点距離をさらに1.4倍/2倍に延長できるモノ。 
超大望遠の画が撮れるが、X5の電子ズームとは違い、光学式なので基本的に画質は落ちない。




ものすごい迫力の映像であるが、実は撮影カメラの迫力の方が上であった。
 下記は作者のブログ。
映像の迫力とカメラの迫力は正比例するものらしいw
http://elblogdejim-box.blogspot.com/2009/09/video-test-de-teleobjetivo-canon-400-mm.html

三脚は、完全にレンズ側を支える。もうカメラはどうでもいい感じw。
8024221046694-r1

はっきり写ってはいないが、三脚も相当しっかりしたものでないと
ここまで望遠だと揺れてしまうだろう。