フランジバックというのは、
レンズマウントのマウント面から、フィルム(撮像素子)面までの距離のこと。
ミラーレス一眼との比較

y_nex-5_frangeback_01

ミラー構造のある一眼レフは、跳ね上がるミラー構造部分が必要になる関係でフランジバックは長く取られてます。

で、レンズマウントごとにこの距離というのは決まっていて、有名どころや最近のものを並べると
 マウント名 フランジバック
 ペンタックスQマウント  9.2mm 
 富士フイルムXマウント  17.7mm 
 ソニーEマウント  18.0mm 
 マイクロフォーサーズ  20.0mm
 ライカMマウント  27.8mm
 フォーサーズ  40.0mm 
 キャノンEFマウント   44.0mm
 ミノルタAマウント  44.5mm 
 ペンタックスKマウント  45.5mm 
 M42マウント  45.5mm 
 ニコンFマウント  46.5mm 
 ライカRマウント  47.15mm 

知っておくといいのは、このレンズマウントごとに決まっているフランジバックというやつ、
マウント形状の変換アダプタ等を使って、
フランジバックの長いものを短く変換することは可能だが、短いものを長く変換することはできない。

つまり、マイクロフォーサーズのPanasonicGH2には、ほぼあらゆるレンズがアダプタ経由で装着可能だがマイクロフォーサーズのレンズをEOSに付けたりはできない。
同様の理由でキャノン→ニコンの変換もできない。

昔の中古レンズ群も息を吹き返し、安く購入して最新のGH2とかに付いてしまう。
そういう意味ではフランジバックが短くて変換アダプタの多いマイクロフォーサーズ超有利です。

もしも小さいカメラっていいなと思って乗り換える場合も
Canonのレンズを持っている場合、手放さない方がいいです。
変換アダプタが出てれば付きますから(ただし35mm換算値は変わります)。

また、マイクロフォーサーズのカメラBODYのみを買って手持ちのレンズをつけて遊ぶのもアリ。