まだ私は真夏の炎天下で使用はしていないのですが、
話によると、X4でも7Dでも、
録画中に熱暴走でシャットダウンするというケースは多いようです。
5Dは比較的丈夫だそうな。
(ただしメーカーHPでは0~40°Cで一律です。)

SONYのα55や33なんかは30°Cで手ぶれ補正ONすると2分程度しか持たないらしい。
 ちなみにSONYの手ぶれ補正はレンズ内ではなく、カメラ内部補正なので余計です。
 TAMRONはSONY用には手ぶれ補正機能をわざわざ外したレンズを出してたような。。。

噂ではα35では多少改善されるらしいですけど(リークっぽい情報)。
何の製品でも同じですが、熱を持つとダメですね。。。。
とはいえ、急激に冷やすと今度は結露が発生して故障してしまうので、
結局はできるだけ熱を持たせないことかなと思います。

GH2のように、もしもボディカラーを選べる機種ならば、迷わず黒は避けるのが正解かと。

長時間のタイムラプス撮影では熱暴走は大問題らしく、こういうものまで作ってしまう人も。。。