以前書いた「外部録音レコーダー」で書いたzoomのH4nは
コストパフォーマンスも良いしほぼ業界標準らしいのですが、
音声別撮りになるので編集時にシンクロする必要がある。

あとでシンクロが面倒なので、
撮影時に外部レコーダーからカメラのステレオ入力へ入れて
同時録音してしまおうと思った場合、
H4nを使うと、ライン出力端子がヘッドフォン端子と兼用なので、
録音内容のモニタができない。
(録画中はカメラ側での音声モニタは出力されないので出来ないはず。)

下記のTEACのTASCAM DR-100は、
ライン出力とヘッドフォン端子が別端子なので
撮影中にこちら側で音声をモニタしながらカメラ側へ同時録音が可能になる。
こっちを使ってる人もいたのでメモ。

ZOOM ハンディレコーダー H4N とシンクロプラグインPlural Eyes
の合計価格とほぼ同じになるため、マルチカメラはやらないし、シンクロ作業も面倒という場合はアリな選択かな。