4/30からCineStyle Picture Styleを無料配布開始したようです。
http://www.photographybay.com/2011/04/12/technicolors-cinestyle-for-canon-dslrs-available-april-30/
 

ダウンロードは下記から可能になってますね
VincentLaforetの解説下記

なんかもう、海外ではえらい騒ぎになってます。。。。
日本ではほとんど情報見かけませぬ。
とにかくラチュードが広く、今ある動画用の Picture StyleではNo1。
使ったほとんどの人が乗り換え表明。 

下記はSuperFlatとの比較。 既にextraflatやsuperflatから乗り換えるという人も多い模様。



下記の例、とっても解りやすい。時計に注目。CineStyleはディティールが失われていない。


ダウンロード画面(登録必要)
9a51c1f8.jpg


撮影時の設定メモ

シャープ = 0
コントラスト = -4
色の濃さ = -2
色合い = 0
ISOは160の倍数で設定(5D・7D・60Dの場合)

アンダー気味で撮影すると良いらしい。露出オーバーには弱いらしい。


撮影後、Step3のS-curve look-up table(LUT)色を入れ直すことを前提にしているので
入れ直さない場合は、むしろ使っちゃダメ。

LOGカラースペースで記録されるため、そのままでは色がおかしい。
LookUpTableで変換して初めてテクニカラーの意図した色になる。

LUTの適用には下記便利。
フリープラグインのMagic Bullet LUT Buddy 1.0

(5/13追記)上記のプラグインは、適用レンダリング時にクラッシュすることがとても多い。
現在は、Colorから直接ガンマカーブを読み込めるように別なファイルも配布しているようです。

撮った直後は下記のような感じ(撮影はEOS Kiss X4)

LookUpTable適用後