jpegの写真には 撮影情報(Exif)情報というものが載っていて、
かなりの撮影データが見れます。

レンズ焦点距離、F値、シャッター速度、ISO感度設定などなど。

Exif情報を表示するソフトに
「F6 Exif」というフリーソフトがあります。他にも多数。


残念ながら、動画ファイルデータにはExif情報は残りませんので
動画撮影の前後にそのまま1枚写真を撮っておくと、
その時の状況がかなり記録できて役立ちます。
成功した時、失敗した時、 自分好みの設定や原因を体得しましょう。


あと、中古で購入したデジカメの前ユーザのショット数を調べたいとき、
PhotoME」というフリーソフトがあります。
ショット数は「shutter Count」という項目です。 
海外ソフトですが、日本語メニュー表示にも対応しています。