EOS Kiss X4本体にもマイクは付いてるんだけども
風切り音とかモーター音も入りまくるしモノラルマイクだし、
音質そのものも褒められたもんじゃない。

X4はマイクのステレオ外部入力端子が付いているので
音も綺麗に残したければ外部マイクを付けて使うのがお薦めだ。

内蔵マイクと外付けマイクの音の違いの比較動画を見つけたのでご紹介する。
下記は5DMark2に装着した例だが、最後の方に
Builtn(内蔵マイク)、AT9941, AT9940の録音音の比較が出てくる。
あまりの違いに笑ってしまう。 
レンズの手ぶれ補正のモーター音もあまり拾わなくなるのがよくわかる。


下記はAT9941動画の例 良い音ですね。。。

 
下記はAT9940動画の例 すべてX4に装着
 

指向性のあるモノラルガンマイクAT9944もあるが、
カメラを振ると音を拾わなくなる。そういう意図に使いたければそれも良いが。下記はAT9944 
 

あと、さまざまな所で定番の一眼レフ用外部マイクとして使用されているのが
下記のRODE製のVideoMic。最も大きい違いは「ショックアブソーバ」があるかどうか。
カメラの動作音がマイクにノイズとして伝わらないようにマイクがいわば宙釣り状態になってる。

外付けマイクからヘッドホンモニタする方法では
うまくパーツを足してヘッドホンモニタも可能にしてる人がいます。



下記も定番マイクの「RODE ビデオカメラ用ステレオマイク STEREO VIDEOMIC」
D7000に装着して使用しているChase Jarvisブログ
やはりショックマウント構造。
raitankさんのブログによれば風切り音が極めて少ないんだそうです。

RODE製の上記2機種が一眼動画では定番マイクなのですが
個人的には少しオーバースペックな印象もある。


私的には装着時の見た目もスマートでステレオのオーディオテクニカAT9941(左端)がお薦め。
カメラ上部へ取り付けるアダプタ付き。

予算が合って見た目より音質重視ならビデオカメラ用ステレオコンデンサーマイク STEREO VIDEOMIC

さらに高音質で録音したい場合は「外部録音レコーダー」参照。
_AA300_






左は5DMark2装着時