デジ1動画をきれいに撮りたい! : 2011年05月

デジ1動画をきれいに撮りたい!

EOS KISS X4・X5を用いてデジタル一眼動画を撮るために 必要な知識や機材の情報のブログ

2011年05月

Magic Lantern解析

この記事をクリップ! 編集(管理人用)
自分の仕事が組み込みソフト屋ですので、
X4のハッキングファームウエアMagic Lanternがどういう仕組みでハック動作しているのか気になるところ。

元々はロシア製のCHDKによるDIGICの解析が元になっているようです。

どうも、Magic Lanternは、キヤノンの純正ファームウェアを上書きするわけではなく、
SD(またはCF)カードからブート機動させるような仕組みみたい。
つまり、SDカード抜けば元通り。
というか電源切ると元に戻ってしまうので使う場合は毎回アップデートになる感じ。
(ちなみにまだ試してませんよ私。) 

これならば、プログラム書き換えは行わないので再起不能に陥りにくい。
ハード的に相当な負荷をかけなければ、まず安全な仕様でしょう。

おそらく内部のFLASHへのプログラム上書きは行わず、
本来は起動時に内部FLASHROM上からプログラムをRAMへコピーする所を
SDカード上のプログラムをRAMコピーして実行している感じかなぁ。

Canonの保障外ということだけど、RAMには何も残らないのにMagic Lanternを使用して壊れたって
Canon側はどうやって見破るんだろう? (仕掛けをうてば出来なくは無いけど)

かなりいじりたい気が満々なのですが、gccArmのコンパイル環境、一発で揃うのはMACまたはLINUXで
家のWinPC環境ではちょっとハードル高く、ちょっと手間取っております。


というわけで、本ブログ、ちょっと更新頻度落としますね。
しばらく環境構築&プログラム解析したいので。

自分の欲しい機能追加までいけると楽しいんだけど。そこまでは無理だろうなぁ。

ショックマウントアダプタ

この記事をクリップ! 編集(管理人用)
ショックマウント構造のマイクというのは、
カメラ側の動作振動を吸収して録音しにくいようにする構造をもったマイクのこと。
手ぶれ補正機能のモータ音とかを拾わなくなる。

これを手造りで作っていた人がいた。 

どこまでナーバスになるかなんでしょうけど、
ショックマウント単体でも売られていて、
オーディオテクニカ製の既製品のアダプタだと下記のような感じ。

はじめからマイクに構造として組み込まれている製品は下記とか。
ただしちょっと高価だったり大きかったり。

 
ちなみに上記の動画内で使用しているのは 下記のzoom H1 。
外付けマイクではなく、外部録音機器でありながら超軽量なのが特徴で、
上記動画のようにショックマウント構造の外部録音機のような使い方ができてしまう。
確かに最も綺麗に録音できることになるかもしれない。

手持ち撮影

この記事をクリップ! 編集(管理人用)
下記サイト「shuffle」に、一眼ムービーの撮影テクニックが下記に載っていました。 http://shuffle.genkosha.com/products/dslr/technic/7592.html

ちょっとだけ転載させてもらうと、
面白かったのは、下記の動画の撮影時に、こんな風に後ろ向きで撮影していること。
img_products_dslr_technic01_17.jpg



撮影しながら後ろへバックするよりも、歩く方向はこの方が安定しますね(あたりまえですが)。
意外と撮影時にとっさにはできないんじゃないかと思いました。

上記のようなハイアングルは無理でも、バリアングル液晶のカメラなら、
外部モニタ無しでも撮影可能かと思います。一脚の使い勝手は色々あって面白いです。

他にも良さげな情報が載っているようでこのサイトお薦めです。
http://shuffle.genkosha.com/index.html
最新記事
記事検索
交換レンズレンタル
あわせて読みたい
緊急災害募金
東北地方太平洋沖地震
Yahoo緊急災害募金


Twitter
カメラ本体
EOS Kiss X4

上記X4はボディのみより
2011.3.30時点では
なぜかレンズキットの方が安い。

EOS Kiss X5 ボディ





【別冊付録】
ウェブ動画時代の
映像制作機器ガイド


【別冊付録】
低予算・少人数で「映画」を撮りたい人のためのデジタル一眼ムービーシネスタイルツールガイド
が付属
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ